トータス松本(Vo)、ウルフルケイスケ(Gt)、ジョンB(B)、サンコンJr.(Dr)からなる最強の4ピースロックバンド「ウルフルズ」。

1988年、大阪・中津のインド喫茶「カンテ・グランデ」(通称:カンテG)のバイト仲間、ウルフルケイスケとトータス松本のセッションがきっかけとなり結成。バンド名は、メンバーお気に入りのLPレコードのジャケットの帯にあった「ソウルフル」が改行のため「ウルフル」と読めたことに由来する。

1992年5月13日にシングル『やぶれかぶれ』でデビュー。
1995年のシングル『ガッツだぜ!!』、翌年の『バンザイ 〜好きでよかった~』でブレイク。アルバム『バンザイ』は100万枚を超える大ヒットを記録!
1996年と2001年、二度のNHK紅白歌合戦出場を果たす。
1999年にジョンB突然の脱退、そして2003年には奇跡の復活があり、再び4人で日本を代表とするワンダフルロックバンド「ウルフルズ」として唯一無二の存在となる。
自身の全国ツアー、夏の恒例野外ライブ「ヤッサ」はもちろんのこと、夏の野外フェスティバルでもそのライブパフォーマンスは圧巻で、多くの人を魅了してきた。

2009年、大阪・万博記念公園での野外ライブ「ヤッサ09FINAL!!」をもって、惜しまれつつもウルフルズとしての活動を一旦休止したが、2014年2月25日、4年半の休止を経て再始動!
デジタルシングル「どうでもよすぎ」を同日に配信、5月21日に12枚目のオリジナルアルバム『ONE MIND』発売。
8月に恒例のワンマン野外ライブ「ヤッサ」、秋には全国ツアーを開催し、完全復活を果たした。
2015年秋にはアルバム『ボンツビワイワイ』をリリース後、全国ツアーを2016年1月まで展開。ツアー最終日は8年ぶりとなる日本武道館公演開催。
2017年、デビュー25周年イヤー。2月22日には女性アーティストによるトリビュート企画盤『ウルフルズ Tribute ~Best of Girl Friends~』がリリースされる。5月20日に日比谷野外音楽堂でフリーライブ開催。5月24日には14枚目となるオリジナル・アルバム『人生』をリリース。6月から「ウルフルズ ツアー2017 人生~デビュー25周年やな!せやせや!~」を全国12会場で行い、続けて9月23日には25周年イヤーの集大成として「クリアアサヒ Presents OSAKAウルフルカーニバル ウルフルズがやって来る!ヤッサ2017 〜ウルフルズ25祭!!〜」を成功させる。

2018年2月、ウルフルケイスケがソロ活動に専念するためバンド活動を休止することを発表。
5月から6月にかけてオフィシャルファンクラブ"ウルフルクラブ"会員限定ツアー開催。9月29日には恒例のワンマン野外ライブ「クリアアサヒ Presents OSAKAウルフルカーニバル ウルフルズがやって来る!ヤッサ2018 ガッチューOSAKA!」を成功させる。